株式会社ESF

2018.12.03

仏国際料理コンクールにて日本人シェフが1位を獲得


第52回目のTaittinger Prix Culinare International (ル・テタンジェ仏国際料理コンクール) にて34年ぶりに日本人のシェフが世界一に。

今年行われているコンクールにて若手シェフ(年齢24歳から39歳まで)にとって、スキルの見せ場となるTaittinger Prix Culinare Internationalが開催されます。そして今年の第52回目で関谷健一郎氏が優勝しました。過去の優勝者ジョエル・ロブションに説得され、参戦を決めた関谷氏が2人目の34年ぶりの日本人シェフの優勝になりました。

関谷健一郎氏
1979年11月11日、千葉県生まれ
台所にいる母親の姿に影響され「料理」の道を選んだ
2002年に渡仏
2010年に東京・六本木の「ラトリエ デゥ ジョエル・ロブション」シェフ

Source:

https://www.facebook.com/stephane.buron.37/posts/1176039865883542?__tn__=C-R