EN JA ID

ESFmedia

2019.01.08 EVENT JA

Yahoo! ニュース | ディエゴ・ロザーノ


月間15億pvを誇る日本最大のYahoo newsでは、2019年は「ブラジル」が新しい食のトレンドとしてくるのではと予測しています。その中で、ディエゴ ロザーノ シェフのことが紹介されています。

Yahoo! ニュース | グルメの注目 食通でなくとも知っておきたい9つの話題 2019年

ブラジルのパティシエやスイーツに注目しています。

<サッカーだけではない? SNS世界一のカリスマパティシエによるブラジルのスイーツが日本初上陸の背景>では、シュラスコが日本に根付いたことや帝国ホテル 東京が提供を始めたブラジル風朝食「ヘルシーエナジーブレックファスト」が人気を博していることから、次の注目はブラジルのカリスマパティシエであるディエゴ・ロザーノ氏やブラジルのスイーツではないかと述べました。

ロザーノ氏は今年から本格的に日本で活動を始め、2019年1月30日から2月14日にかけて松屋銀座でオリジナルのバレンタイン商品を販売し、2月7日から14日までは自身が店頭にも立ちます。

ブラジルのアマゾンから取り寄せられた神のフルーツと呼ばれる「クプアス」やスーパーフルーツとして定着した「アサイー」、さらには独特の風味のある「ブラジリアンナッツ」やブラジルの蒸留酒「カシャーサ」など、ブラジル食材を巧みに西洋菓子へ融合させています。

和菓子にも大変関心を寄せており、伝統和菓子の老舗「青柳正家」の須永友和氏に自ら弟子入りして技術を学んだほどです。須永氏や同世代の和菓子職人と共に、2019年にブラジルを訪れる予定なので、ブラジルの食文化を取り入れた和菓子が日本へと逆輸入されることも期待されます。

ロザーノ氏は、日本人歌手TABARU氏が歌う「Beautiful World」をイメージしたスイーツも手掛けました。音楽とスイーツが融合したイベント「Music Meets Sweets」を開催し、動画が1ヶ月で30万回再生されるなど、反響も大きかったのです。

実は「Beautiful World」を作詞作曲したのが、様々な有名歌手の歌を手掛け、日系ブラジル人を父に持つブラジル出身のカルロス・K氏でした。共にブラジルにゆかりをもち、既に日本で活躍しているカルロス・K氏と、これから日本で活躍しようとしているロザーノ氏がコラボレーションを行ったことは興味深いところです。

また、ブラジルで知らぬ者はいないという漫画家マウリシオ・デ・ソウザ氏が、在日ブラジル人が日本で暮らすための助けとなり、ロザーノ氏も登場する漫画を手掛ける予定であるなど、ロザーノ氏に関する話題は尽きません。

2019年は、ロザーノ氏自身はもちろん、ブラジルの食材やスイーツが注目される年となるのではないでしょうか。